『真実』に向ける心 ~フェイクと事実の境目~

昨日、NHKで放送された『クローズアップ現代+』(2019年3月4日放送「フェイクニュース」について)について記事を書いた。

その後、この放送で取り扱われていた出来事について色々と調べてみた。

その結果、この放送内容に対して持っていた違和感の正体が見えて来たので書いておこうと思う。

出来れば、今回の記事は、多くの人に読んで頂けるとありがたいと思う。

続きを読む

結論の無い番組だったなー

今日(2019年3月4日)放送の、NHKの『クローズアップ現代+』を観た。

過去に、私は、このブログで『クローズアップ現代+』に関しては何度か記事を書いている。

 

今日の放送内容はフェイクニュースについて。

フェイクニュース、日本語で言い換えれば「虚偽報道」という言葉で表される

Wikipediaに寄ると「マスメディアやソーシャルメディア等において事実と異なる情報を報道すること」と書かれている。

「初めから虚偽であることを認識した上で行う架空の報道や、推測を事実のように報道する等、故意のもの」については捏造報道という名称が有り「虚偽報道」と使い分けられている。

「虚偽報道」とは、故意に流された嘘ではなく「それが事実・真実だと信じられた状態で為された報道」を指す言葉だ。

 

今日の放送では、「フェイクニュース」が原因で自殺した台湾の外交官の事を題材に、フェイクニュースの拡散に寄る悲劇が起こらない様に皆で考えていかなければならない時代が来たのかも知れませんね」と締めくくられていた。

 

もう少し番組なりに何らかの結論を出すんだろうか、とか、もっと深く掘り下げて取り扱うのかと思っていたけれど、30分じゃ難しかったのだろう。

結論を視聴者に丸投げしたという印象を受けた。

 

やはり、『クローズアップ現代+』は導入番組として見るのが良いのかも知れない。

 

名無しの写真家 拝名無しの写真家 拝

 

<参考:「過去に書いた『クローズアップ現代+』に関する記事」>

世界情勢に大きく影響を与える「臨時政府」には…ならないかな?

拠点が何処かを明らかにしない事には、臨時政府として弱いのではないだろうか?

金正男氏息子を救援した団体が「臨時政府」発足を発表 正恩政権の弾圧に対抗 北朝鮮

2019.3.1 13:37

北朝鮮金正恩キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の異母兄で、マレーシアで暗殺された金正男(ジョンナム)氏の息子、金ハンソル氏らを救援したとする団体が1日、住民を迫害する金正恩体制を覆すための「臨時政府」を発足させたとサイトで表明した。拠点がどこかは明らかにしていない。

「千里馬民防衛」と名乗ってきた同団体は「自由朝鮮」と改称し、立ち上げた臨時政府が人権を尊重し、北朝鮮人民を代表する単一で正当な組織だと主張。各国の脱北者らに決起を促した。2月25日にサイトで「今週中に重大発表がある」と予告していた。

朝鮮半島で日本統治からの解放を求めた三・一運動から100年に当たり、事実上の物別れに終わった米朝首脳再会談の直後である1日に発表をぶつけ、国際的な注目を集めようとしたとみられる。

サイトでは、チマ・チョゴリを着て韓国の公園らしき場所で宣言文を読み上げる女性の動画も掲載。北朝鮮の現体制は、政府主導の殺人や拷問、思想統制、強制労働といった罪を重ねたと告発し、「体制下で宣言文を聞いている」北朝鮮国民に対しても圧制者に抵抗するよう呼び掛けた。

(引用元:産経新聞

続きを読む

表現規制反対派の、あの議員が自民党に?

表現規制反対派で、ネット上では有名な人物…。

前々回の参議院議員選挙で当選して、前回の参議院議員選挙で落選して…という経歴の持ち主だったか?

ネット上では有名だけれど、活動のアピールの仕方等を見ていると、イマイチ信用できないと言うか、本当に表現規制反対のために活動してるのか?と疑問を呈さずにはいられない人物。

参院比例に山田太郎氏=自民

2019年03月01日14時43分

自民党は1日、今夏の参院選比例代表の候補に旧みんなの党などで参院議員を務めた元職の山田太郎氏(51)を決めた。

(引用元:時事通信社

そんな、彼が今夏の参議院議員選挙自民党から立候補するというニュース。

Wikipediaを参照すると、どうやら議員になるまでの経歴は慶應義塾大学卒の実業家だったらしい。

2010年、第22回参議院議員通常選挙みんなの党比例代表候補として立候補するも落選(当選者は7名で山田は10位だった)。

2012年、12月14日に比例区の上位当選者の第46回衆議院議員総選挙への立候補に伴う自動退職により比例8位の真山勇一、同9位の藤巻幸大とともに繰り上げ当選となった(山田は10位)。

2014年、みんなの党が解党し、所属していた参議院議員のうち6名で2015年1月1日付けで新会派日本を元気にする会(元気)を結成。

2015年、政党としての元気の結党に参加し、政調会長・幹事長代行に就任する。

2016年、元気に対して離党届を提出、4月26日におおさか維新の会への入党が了承された。第24回参議院議員通常選挙では埼玉県選挙区の同党の公認候補者として発表されたが、翌27日に比例代表ではなく埼玉県選挙区の候補者とされたことに異を唱え、おおさか維新に対して離党届を提出した。これに対し、おおさか維新側は「埼玉県選挙区での出馬は了解の上での入党だった」として離党を認めず、除名処分とした。また、元気も保留されていた離党届を受理した。離党後も元気会派には所属していたが、6月8日に新党改革から比例区公認候補として立候補することが発表された(改革へ党籍は置かず無所属のまま)。

(引用元:Wikipedia

2010年、落選

2012年、上位当選者の辞職に伴い(2010年の結果を元に)繰り上げ当選

2016年、落選

という流れなのだが、この2010年~2016年までの間だけで

みんなの党→日本を元気にする会(みんなの党解党に伴う移籍)→おおさか維新の会→新党改革と、4回も政党を移り変わっているのだ。

一つの政党にどっしり腰を据えて、その党の方針に沿った行動をする事が好まれる政治の世界に於いて、これだけ政党を移り変わるというのは確かに信用できない面がある。

今時、何処の政党にも「党議拘束」という物が存在する。

党議拘束

主に、議会で採決される案件に対し、党全体の意思としてあらかじめ賛成するか反対するかを決めておき、所属議員の表決行動を拘束する。個々人の自由意志で賛否を表明することは容認しない。ひとつの政党が結束して行動するための手段として用いられる。

(引用元:Wikipedia

彼は、この「党議拘束」という仕組みに異議があると前回の選挙の時の政治方針として述べていた。

そんな事を述べていた人物が 、ここに来て自民党からの出馬だ…、勿論自民党も彼の事をそこまで深くは信用していないだろう。

当選した後に離党等でもされたら彼の分の票が無駄になる。

そうならないために、自民党側から表面化出来ない何らかの制限がかかっている事だろう。

そういう所、自民党は実に強(したた)かだ。

 

実際、「党議拘束に縛られる結果になるのではないか」という人は少なからずいる。

また、彼の政治活動の方針はどちらかと言えば左派寄りだ。

そのため、彼の支持層には自民党嫌いな人が少なからずいる。

そういう自民党嫌いな層の支持者にも「山田太郎が出馬してるんだから」と自民党への投票を押し付けようとする支持層も出てくるだろう。

そういう支持層は前回の参議院議員選挙の時に少なからず存在し、同調圧力に辟易していた人達が居るのも知っている。

そういう所があるのも踏まえて自民党は、彼(山田太郎)を制御できる方法があると考えているのだろう。

懐が広いというより、やはり自民党は強かなのではないかと思う。

そう、この「自民党から出馬する」という事について事前に聞かされていたであろう山田太郎氏の関係者の誰もが、歯に物が詰まった様な言い回しをしている所にも、自民党党議拘束に氏が飲み込まれる懸念があるのだろう。

 

…と、まあ、ここまで書いておいて何だが。私は冒頭で述べた様に、山田太郎氏について、これまでの経歴からイマイチ信用していないし、最近の自民党のやり方にも不信感が有るので、私の投票行動にはこの出来事は影響しない。

 

名無しの写真家 拝名無しの写真家 拝

 

なお、この人の意見が頷ける物が有った。

本当に、安倍首相が推薦していたのだとすれば国際問題だと思う

トランプ大統領曰く「安倍首相は日本を代表して私をノーベル平和賞に推薦したと話してくれた」との事らしいですが…。

トランプ大統領「安倍首相からノーベル平和賞に推薦された」

2019年2月16日 13時43分

アメリカのトランプ大統領ホワイトハウスで行った記者会見で、北朝鮮がかつてのようにミサイル発射実験を行わなくなった事態を受けて、「安倍総理大臣からノーベル平和賞に推薦された」と明らかにしました。

トランプ大統領は15日、ホワイトハウスで行った記者会見で、2回目の米朝首脳会談に関する質問に答えた際、「日本の安倍総理大臣からは、彼がノーベル委員会に送ったというすばらしい書簡の写しをいただいた。日本を代表して私をノーベル平和賞に推薦したと話してくれたので、私は『ありがとう』と伝えた」と述べて、安倍総理大臣からノーベル平和賞に推薦されたと明らかにしました。

そのうえでトランプ大統領は「安倍総理大臣が5ページにわたる美しい書簡をくれたのは、なぜだかわかるか?かつて日本は上空をミサイルが飛び交い、頻繁に警報が鳴っていたが、今、彼らは安全を実感している。それは私が北朝鮮と話をつけたからだ」と述べ、自分が北朝鮮キム・ジョンウン金正恩朝鮮労働党委員長と首脳会談を行い、地域の緊張が緩和されたことを安倍総理大臣が評価したためだという認識を示しました。

ワシントンの日本大使館「コメントは差し控える」

これについて、ワシントンの日本大使館は「トランプ大統領の発言は承知しているが、両首脳間のやり取りについてはコメントは差し控える。アメリカとの間では拉致、核・ミサイルといった諸懸案の包括的な解決に向けて政策を綿密にすり合わせており、引き続き緊密に連携していく」と話しています。

(引用元:NHK_NEWS

続きを読む

旗頭が枝野では、まとまる話もまとまらない

次期衆院選 政権構想準備に着手 立民 枝野代表

2019年2月10日 21時14分

立憲民主党の枝野代表は長崎県諫早市で記者団に対し、次の衆議院選挙で与党を過半数割れに追い込み野党で連立政権を組むことも念頭に、政権構想の準備に着手する考えを示しました。

この中で枝野代表は「野党第1党の党首として連立政権をつくる場合の責任があるので、衆議院が解散したら各党が政策の違いはあるけれど『当面、総選挙後の4年間ではこれをやる、これはやらない。例えば、憲法は変えない』というような旗を立てる」と述べました。

そのうえで枝野氏は「これに賛同していただける方はどなたでも一緒に連立を組もう。その方々が過半数を占めれば枝野政権ができる。十分、自民党と対抗できると思って、今から着々と準備を進めたい」と述べ、政権構想の準備に着手する考えを示しました。

(引用元:NHK_NEWS

続きを読む

安倍と麻生が居るだけで信用できない現内閣

少し、国会中継を観た。

野党の答弁に対し、早口でまくしたてるかの様に答弁する安倍と、ひょっとこ顔で言い訳に必死になる麻生を見ていると

「安倍と麻生が居るだけで、この内閣は信用できないな」と思った。

麻生氏、また「子ども産まない方が問題」 過去にも同様の発言で釈明

2019年02月04日 06時00分

麻生太郎副総理兼財務相は3日、福岡県芦屋町であった後援会の集会で、少子高齢化に伴う社会保障費増に絡み「(年を)取ったやつが悪いみたいなことを言っている変なのがいっぱいいるが、それは間違っている。子どもを産まなかった方が問題なんだ」と述べた。子どもを産まない女性を批判した発言と受け取られる可能性がある。

麻生氏は「大きな問題としては、中長期的に言えば少子高齢化という問題だ」と指摘。「国民皆保険だ。16歳から64歳の人たちの6人で1人の65歳以上の高齢者を支えていた。今は、間違いなく高齢者の比率が高くなっている。平均寿命が延びている。素晴らしいことだ」と説明した上で、「子どもを産まなかった方が問題だ」と発言した。続けて、65歳以上への継続雇用の引き上げや幼児教育無償化など「全世代型社会保障改革」の必要性を訴えた。

麻生氏は2014年12月にも、衆院選の応援演説で「高齢者が悪いみたいなイメージを作っている人が多いが、子どもを産まないのが問題だ」と発言。批判の高まりを受け、不適切な発言だったと認め、「誤解を招いた」と釈明した経緯がある。

=2019/02/04付 西日本新聞朝刊=

(引用元:西日本新聞

続きを読む